ガラケー、からのスマホデビュー!機種とプラン選びのポイントを解説!

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中


・ガラケーからスマホに乗り換えたいけれど、スマホの選び方が分からない

・親がガラケーを使っていてスマホデビューさせたい。メールと電話、写真と地図ができるおススメの機種は?





そんな悩みをお持ちの方へ、この記事では自分が欲しいスマホ選びを解説します。

この記事を読み終える頃には、

①どんなスマホを購入すれば良いかおおよそ解るようになる

②格安SIM会社と大手携帯会社の違いについて理解できる。

③初めてスマホを使う方が本当に使いやすい携帯と性能を知ることが出来る

④一番安心でお得な購入方法が分かる





【現在の私について】 現職は、スマホのインストラクター、二つのブログユーチューブの作成もしています。 日々、悩めるスマホユーザーのために疑問を解決したり、スマホ入門から上級までをお教えしています。このHPでは、au、softbank、docomo、格安simどこの携帯会社の肩をも持たない中立的な立場で解説しています。




スマホ購入方法

①携帯ショップで購入する  
②ネットで購入する

インターネットを使っていない方はショップ購入するしかないです。
が、ネット購入した方が安心・安全・お得です。

その理由は下記の通り⇓⇓⇓


携帯ショップで購入すると・・・
理由1: 基本的に必要ないものまで契約させられ、損しているのに気が付いてない人が多い

理由2: 定員にとって都合の良い粗悪品(製造終了する古い機種など売れ残り品)を推奨される
   
理由3: 欲しい機種を相談しても定員にとって都合のいい粗悪品を強く勧められる

理由4: 手数料3000円を購入直前に請求されるので逃げられない
 
理由5: 購入を急がせる—考えたり調べたりする時間を与えない
 よくある謳い文句
      「その日中に契約しないと商品が無くなってしまう」
 「あなたのために1台だけお取り置きしておく」

理由6: 数々のオプションを付けるよう勧められる
  よくある謳い文句
     「壊れても失くしても保障がないと後から付けれませんよ」


ネットで購入すると・・・
     
理由1: 購入を急がせる人がいないためじっくり調べてから納得いくものを購入できる
   
理由2: 手数料3000円がかからない
   
理由3: キャッシュバック1万円などキャンペーンが付いている場合が多いのでお得
     
理由4: オプションが本当に必要かどうか考える時間がある(実際、殆ど必要なし)
     
理由5: 手続きを自分で行うのが面倒→この記事に従っていけば手続きはかんたんです




結論:失敗しないコツは、ネットで購入すること
   【携帯ショップで購入する】なら、店員に話を聞くだけ聞いて帰る
      →帰って良く考えているうちに落とし穴が分かってくる
      →よく考え、調べてから再度、携帯ショップへ行って購入する
   比較検討する時間を1ヶ月くらいとってネットで調べてから購入する



スマホ初心者におススメのスマホ2機種はズバリこれ

おススメ1つ目:【Android (アンドロイド)】

スマホ初心者におススメの機種は
メーカー:ASUS製品 (エイスース)

機種名:zenfone Max (ゼンフォン)
28,620円


【理由】圧倒的コスパ良し!軽い!画面広い!大容量バッテリー!デュアルレンズ(2重レンズ)!



おススメ2つ目:【iphone(アイフォン)の場合】

スマホ初心者だけど、パソコンやタブレットを使い慣れている方におススメの機種は
メーカー:アップル社製品
機種名: iphoneXR
78,900円

【理由】 ! 電池持ちがiphoneのなかで一番(iphone8の2倍)!画面広い! face idが便利!カメラの凄い進化!機動爆速!





SIMカードを購入する

実は上記は、電話機能を使う小指の先大のSIMカード(左図)が入っていませんので電話が出来ない状態の携帯本体のみです。

この状態をSIMフリーと言っています。

ではどうするかというと、



携帯本体とは別に 下記のようなカードを 購入します。
(購入方法SIMカード購入方をご覧ください。

⇓画像で指で持っている小さな金色チップがSIMカード。これを自分のスマホに差し込むだけ。

こんな簡単なことで手数料3000円が浮きます!





スマホ購入前に考慮すること


OS(スマホのシステム)選択 iphone(アイフォン)とAndroid(アンドロイド)



スマホには、

Android(アンドロイド)
iphone(アイフォン)

この2種類のOS(スマホのシステム)が存在します。


まず、どちらが良いか選択します。

①Android(アンドロイド)・・・
スマホ初心者向けで文字入力などの面で扱いやすい
・iphoneより本体料金が安いことが多い。
・搭載された機能がihponeより劣る部分もあるが、アプリで補えることが多い。
・Google社が開発。
・メーカーは、ソニー、サムスン、ファーウェイ、富士通などたくさんのメーカーがある。

 
②iphone(アイフォン)・・・
スマホ初心者には少々難しいが、パソコンやタブレットを使ったことがあれば使いこなせる
・アップル社が開発
・メーカーはアップル社





機種選択 シニア向けか、普通のスマホか

結論:
① ショップの定員にシニア向けスマホを勧められても、お断りすること。

 ②普通のスマホを購入後、ガラケーと同じ仕様に変更しましょう!
(ガラケーと同じ「かんたんモード」に設定したり、慣れたら普通のスマホに戻すことができるスマホにしましょう!)

ガラケーからスマホ乗り換え時に携帯ショップで定員に勧められるのが

シニア向け’(60歳以降の方向け)の
かんたんスマホ、らくらくフォン、シンプルスマホ 、Basio(ベイシオ)

この記事をお読みの方はシニア向けスマホだけは購入しないようにしましょう!

【理由】
スマホインストラクターの経験上 、シニア向けスマホは、実は、
・らくらくフォンはちっともらくらくじゃない「使いづらい」
・かんたんスマホはちっともかんたんじゃない「難しいくて、ちっともラクじゃない」
シンプルスマホは複雑
・BASIOは性能が悪すぎで使い物にならない

といった不評が多く、購入後が大変です。




携帯会社選択 格安sim(シム)か、大手携帯会社か

結論:【大手格安SIMの中でも「UQモバイル」がお勧め
    格安SIMが分かりづらい方は大手携帯会社でSIM入りを購入しましょう




【大手携帯会社と格安SIMの違い 】

次に携帯会社を選ぶポイントをご紹介します。
大手携帯会社であっても、最近は携帯素人やシニア世代に対し、たくさんのオプションを購入させたり、在庫処分のために一番古い機種を勧めたりといったことも話題になりました。



  大手携帯会社とは・・・au、softbank、docomoの3社のこと。
             【大手携帯会社の特徴】
             独自の基地局を持っている
             独自のメールアドレスを配信  (xxx@docomo.cojp など)
             利用料金が高額
             携帯ショップがたくさんあるが、待ち時間が長い
             利用料金が通常7000~8000円/月

                      

  格安sim会社とは・・・ 600社以上の格安sim会社があるが、大手格安SIM会社のみ安心安全
             【格安simの特徴】
             大手の格安SIM会社は、UQモバイル、楽天モバイル、Ymobile、iiJmio
             独自の基地局を持たず、キャリアに借りている
             独自メールを持っていない
             そのためフリーメールを使う(xxx@gmail.com/xxxyahoo.co.jpなど)
             利用料金が格安(利用料金が2000円内)
             携帯ショップ店舗がキャリアに比べ少なめ




大手格安SIM会社について

600社以上ある格安SIM会社ですが、下記3社以外はお勧めしません。


【理由】

トラブルがあった時に問合せしても繋がらなくて解決できない場合が多いからです。
ショップが比較的たくさん存在する、お住まいの近くに存在するところを選びましょう!

UQモバイル・・・ 大手携帯会社auと同じKDDIのグループ会社に属する会社。
         そのため、インターネット回線をauから借りているが、
         速度、性能ともにauと変わらないが安い

楽天モバイル・・・NTTドコモ回線を借りている。     
         携帯ショップが町中に少ないため、何かあった時に頼るところが少ない
         NTTドコモで質問してもつっぱねられる

Ymobile・・・ソフトバンクから回線を借りている。
       3年契約縛りがネック、というのもスマホは問題なく使える期間が約2年だから。


【携帯会社、決め手は?】


一見、古くから存在するキャリアの方がしっかりしてそうですが、
最近は際どい商戦をしている キャリア営業が目つきます!


大手携帯会社でも問題ありませんが、出来れば大手格安SIM会社の「UQモバイル」で購入するのがおススメ。

  安かろう悪かろうの時代は終わっています。
  大手携帯会社の製品と性能が変わらない、のにもかかわらず、
      安くて優良品 が大手格安SIM会社で十分手に入るからです

  



スマホ性能選択

・シニア向けスマホは性能が悪く使えないので買わないこと
・felicaなどの お財布携帯がついていること
・38GB記憶容量があること  

【 理由】:
★電子決済が国策となり、銀行の閉鎖が増えオリンピック後の日本で電子決済が進むため必要不可欠 なため
★スマホはアプリをインストールして利用するが、38BGB以下だと一定量しかインストール出来ないため




プラン選択

プラン決めは、データ通信量を月にどの位使うかが判断基準の一つ。

あなたは、下記の質問のどちらに該当しますか?

家にインターネット回線もっていますか
  ・持っている・・・大抵の方は、スマホは1~3GBのプランでOK

   ・持っていない・・・パソコン、タブレットをこれから持つ予定か

        ・これからもPC、タブレットは必要ない、スマホだけで十分
               ・メールと電話のみ使う→1~3GBで十分
          ・アプリや調べものしたい→3GB以上
               ・動画も見たい→使いたい放題プランか、7GB位のプラン

           ・いずれパソコンやタブレットを購入する・・・とりあえず7GB位のプランに入る
                                PC購入後、使いたい放題に変更

       
   
        
 




以上で、終わりです。 ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
スマホを購入する手がかりとなると幸いですB

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です