スマホ本体とSIMカードを安く購入する方法


携帯ショップでは納得のいく気に入ったスマホがどれか分からない

そもそも格安SIMとか、SIMフリーってなに?

格安SIMを買うならはおすすめはどれ?



ここではこんな疑問にお答えします。


この記事を読み終わるころには下記のことが分かり、スマホをインターネットで購入する手順がわかります。 

①SIMフリー端末(スマホの本体のこと)について理解する 
②SIMカードについて理解する
・ 合致するカード
・データSIMと音声通話SIM
③SIMフリー端末(スマホ本体)を安く購入する方法を知る
④SIMカードのインターネット購入方法を知る



【現在の私について】 現職は、スマホのインストラクター、二つのブログユーチューブの作成もしています。 日々、悩めるスマホユーザーのために疑問を解決したり、スマホ入門から上級までをお教えしています。

sponserdlink



スマホ本体とSIMカードを安く購入する方法

スマホを安く購入する一番の方法は、ショップに行かず、インターネットで購入することです。
インターネットで購入する場合は、スマホ本体と、中に入っているSIMカードを購入する必要があります。
スマホ本体とSIMカード購入手順は以下の通りです。

手順①:携帯本体のみ(SIMフリーと言い下記で解説)をインターネットで購入します
   →郵送されます。

手順②:動作確認済みのページ(下記参照)で①の携帯本体とSIMカードがマッチしているかどうか確認します

手順③:SIMカードを各携帯会社のインターネット公式サイトから「音声通話SIM」(説明は下記)で購入します。
   →郵送されます。

手順④:郵送された携帯本体にSIMカードを手動で挿入します

以上です。

それでは、SIMフリーや端末などの言葉の意味からご説明します。

sponserdlink

SIMフリー端末とは?

端末とは、携帯本体のこと

SIMとは、電話番号情報が入っている小指の先ほどの大きさのカードのこと

SIMフリーのフリーとはSIMを抜いてある携帯本体のこと

つまり、SIMフリー端末とは、電話番号情報が入っていない携帯本体のこと。

SIMフリーの反対で、SIMカードを使える状態のことをSIMロックと言います。

SIMカードも、携帯本体も合致したものをインターネットで購入することが可能です。


sponserdlink

おすすめの端末(スマホ本体)3機種

自分の欲しい端末を安く購入するには、インターネットで購入することです。

なぜなら、携帯ショップで購入すると、店員にとって都合の良い携帯本体を購入させられる可能性あるからです。
店員さんは、上からの指示で売りたい携帯が決められています。
営業トークもかなり饒舌です。
営業さんのトークを振り切って自分の好きな携帯を探すのはかなりの知識がないと無理ゲーです。

そこで今、おススメのスマホ本体を3つ掲載します。

この携帯をお勧めする理由など、スマホを購入する時のポイントは別ページ「機種とスマホ選びのポイント」でご案内しています。


メーカー:ASUS製品 (エイスース)台湾製品
機種名:zenfone Max シリーズ(ゼンフォン)


メーカー:アップル社製品
機種名: iphoneXR

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】SIMフリー iPhoneXR 64GB ホワイト Apple MT032J/A iPhone 本体
価格:78980円(税込、送料無料) (2019/7/16時点)

③メーカー:Sharp 国産
機種名: AQUOS 




SIMカード購入手順

端末(本体)を購入したら次は、SIMカードをインターネットで購入します。

SIMカード購入時の気を付けるべきこと2点

SIMカードは、携帯ショップでも、ネットからでも購入できます。
が、気を付けるべきことが二つ

SIMカードは、ご自分で気に入られた携帯端末(本体)購入した後、購入します。
そうしないと、先程言ったように携帯ショップで購入すると、店員にとって都合の良い携帯本体を購入させられる可能性があります。
   
②スマホ機種にマッチしたSIMカードを購入しないと利用できません。



購入したスマホ本体とマッチしたSIMカードがどれか、確かめるには【動作確認】を見ます。
各携帯会社では下記のような動作確認済みページで確認できます。⇓⇓⇓クリック

UQcommunications 動作確認一覧 参照



動作確認の見方


スマホ本体と、SIMカードの相性がいいかどうかを確認することを動作確認と言います。

例えば下の2機種について動作確認を見ると、マルチSIM(nano)というSIMカードを挿入すれば、全部〇がついているのでマッチしているということになります。

ということは マルチSIM(nano)というSIMカード を購入すれば間違いありません。


zenfone Max M2(ゼンフォン)の動作確認済み⇓


iphoneXR の動作確認済み ⇓



SIMカードには2種類ある

SIMカード購入時に気を付けることは、SIMカードには2種類あることです。

①音声通話sim
②データsim


違いは電話ができるかできないかです
データSIMは電話ができません

※LINEアプリで電話したい方も、携帯用の電話番号と音声が必要なので音声通話SIMが必要です


というわけで、大抵の方は、スマホ本体に
①の音声通話SIM
を購入するのが一般的です。


どこの携帯会社から購入すればいい?


今お使いのキャリア(au, docomo, softbank)から、格安SIMに乗り換える場合は、


・auの方は、UQモバイルに乗り換え
・softbankの方は、Ymobileに乗り換え
・docomoの方は一押しがUQモバイルに乗り換え


です。


理由は、このページの「おススメの大手格安SIM会社はどこ?」に書きましたのでよろしければご覧ください。

UQから購入したい方はこちらから⇓⇓⇓どうぞ。




まとめ

携帯本体と、SIMカードをネットで購入するとお得で安心してゆっくり決められます。
ショップで購入すると気に入らないものを買わされたと嘆く方が多いです。

手順1携帯本体のみを購入するのに
お金に余裕があるならお勧め品 アップル社製品の機種名: iphoneXR 
お金に余裕がないならお勧め品 ASU〇製品 の機種名:zenfone Max シリーズ 
             またはSharp のAQUOS
を端末だけでネットで購入

手順2:
音声SIMでsimカードをインターネットUQで購入し配送してもらうのがおすすめです。

この手続きだけで、店員に騙されて変な商品を買わされず、絡まれずそして、安く購入できます

スマホの選び方についてはこちらで説明しています。👇
ガラケーからのスマホデビュー!機種とプラン選びのポイントを解説!



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です